地域密着~あなたのお抱え大工さん~

資金計画・ローンについて

人生で 一番高い お買いもの

持ち家づくりでイチバン最初に考えるべきことは、やはり資金計画です。ほとんどの方は、家を買うときにはローンを組むと思います。ただし、そのローンの返済ができなくなってしまうと、大変なことになります。

契約をして戸建ての家を買ったが、返済計画に無理があった

その結果、ローンが返済できなくなってしまい、せっかくの持ち家を手放さなければならない不幸に陥ってしまっては何の意味もありません。

実際にローンを組む場合によく聞くのが「年収の25%までの支払いなら審査が通る」と言う話です。しかし、実際に年収の25%でローンを組むと大変なことになるのです。

年収と言うのは所得税や地方税、社会保険料などを差し引く「前」の総額であって、手取りではないからです。いくらなんでも税金を払わずにローンを返済するわけにはゆきません。

年収と手取りの関係について、以下にまとめてみました。

年 収 所得税 住民税等社会保険料手取額 
400万円約9万円約18万円約58万円約315万円
600万円約21万円約31万円約86万円約462万円
800万円約48万円約46万円約115万円約591万円
1000万円約82万円約62万円約144万円約712万円

例えば、年収800万円の人は税金と社会保険料を引かれた時点で600万円以下になっています。この中から水道光熱費やスマホ等の料金、食費、生命保険などの各種保険料やお子様の学費など、生活に必要不可欠な費用がかかります。これらが仮に月30万円だとすると、年に360万円となり、残りは231万円になります。

この状態でローンを年収の25%、つまり年間200万円で組んでしまうと、残りは31万円しかありません。ひと月あたり26,000円弱です。あまりにも少ない額です。4人家族でお子様のお一人が受験生や大学生だとしたら、毎月の生活費が月30万円では済まないでしょうから、破綻してしまうかもしれません。

お客様と真剣に家づくりを進めたい

齋藤工務店では、ローンは年間の支払総額が概ね年収の12~15%くらいに設定するのが適切ではないかと考えています。ですから、契約前の段階でローンのお支払いプランに無理があるな、と感じた場合には、敢えて別のご提案をさせていただくこともございます。

真剣だからこそ、無理なローンは組ませない。それが齋藤工務店のポリシーです。

住宅ローンが99.9%通る?

住宅ローンを組める金融機関はメガバンク、地方銀行、信用金庫など様々。金利の違いや審査の通りやすさなど、金融機関によってかなり幅があります。地方銀行や信用金庫の中でも違いがあります。

齋藤工務店では知識・経験豊富な専門のスタッフと納得が行くまでローンの相談ができます。

もちろん、街金などで高利ローンを組むようなことは絶対にありません。ご安心ください。

齋藤工務店には金融機関と交渉する独自のノウハウがあります。
前にローンを断られてしまった!という方も、諦めずにぜひ齋藤工務店に一度ご相談ください!

PAGE TOP